お客様からのご要望が多かった「ゲイシャ」の豆を入荷しました。
産地はエチオピア。
ゲイシャ種はエチオピアの南西部にあるカファ地方のゲシャ村で1931年に発見され
た新しい品種です。名前の由来は植物ハンターがイギリスの農務省宛に送った書簡に
「geisha」という地名に美味しいコーヒーがあると伝えたのが始まりだそうです。
そのコーヒーはケニアからコスタリカ経由でパナマに渡りエチオピア産コーヒーとして
栽培されました。
2000年代に入ってからパナマで開催されたベストオブパナマという国際品評会で素
晴らしいフレーバーと独特の甘味が強いゲイシャ種が出品され優勝した「ラ・エスメラ
ルダ農園」が有名となり、世界各国でゲイシャ種が栽培されるようになって世界中にゲ
イシャブームが巻き起こり、各国の品評会でもゲイシャが上位を占めるようになりまし
た。
今年(2021年)の「ベストオブパナマ」では日本の茨城県にある「サザコーヒー」が
1位ロッドを100ポンドを2833万円で落札しました。(生豆1ポンドあたり
2568ドル、1ポンドは約460グラム)

今回届いたこのゲイシャ種はモカの産地でよく知られている「シダモエリア」のグジ地
区にある「ゲレナ農園」産です。このゲレナ農園は設立が比較的新しい農園なので環境
への配慮や持続可能名取り組みにも積極的に取り組みレインフォレストアライアンスや
UTZ、JASの認証も取得している前途有望な農園の1つです。
この「ゲレナ農園で栽培されているゲイシャ種はジマにある研究所で認定されたゲイシ
ャの果実を原料としている正真正銘のゲイシャ種です。
今回のゲイシャ種の精製方法は「ナチュラル」と「ウオッシュド」の2種類を仕入れま
した。
現在店頭では「ナチュラル」を販売しております。
ご興味のある方はぜひお買い求め下さい。